はじめてのSMSを送ってみよう!


前回のチュートリアルでは、最初のAPIユーザーを作ったわよね?じゃぁ、XoxzoのAPIを使って何ができるのかもっと探検してみましょ? Xoxzo APIの一番シンプルな機能は、電話でできること、つまり、SMS(ショートメッセージ)の送信と、音声通話なんだけど、まずはSMSをお試しで送るように、進めちゃうわね!

何を準備したらいいの?

必要なのは、パソコンに入っている、コマンド・プロンプトっていうもの(cmd)。LinuxやMacだと、ターミナルとかシェルって呼ばれてまーす。このチュートリアルでは、統一して「シェル」って呼ぶことにするわねっ!

shell

次は、XoxzoのAPIサーバーに接続して、SMS送信のコマンドを処理させるためにHTTPリクエストを送るもの、それが必要ね。インターネット接続が必要なことは、もちろん言うまでもないけどね。

そして仕上げに、この前のチュートリアルでつくった、APIユーザーのAPIキーとトークンが必要ですから、用意してね。

え?APIユーザーキーとトークンって、どこで探すんだったっけ・・・って?

アカウントにログインしたら、API SIDの欄と、Auth Token欄にある、ごちゃまぜテキストが、そのAPIユーザーのキーとトークン情報よ。見えてる部分はゼンブじゃないから、ダブルクリックしたりして、全体をコピーしてね。ノートパッドなんかにペーストしてみると、見やすいわね!

トークンも、「トークン表示」ボタンをクリックして表示させてから、コピーしてね。

SID and token

できたら、あなたの API SID と Auth Token を、コロン(:)をはさんで、サンドしちゃってください!こんなふうにね!

APiSiD:AUthT0k3n

大事なポイントは、間のコロンを 忘れないこと、と、全体を1行に書いてね、ってことかな。

では、おくっちゃいましょう!

まずは、あなたの携帯に、実際に送信できるか確かめるために、送ってみちゃおうね。 あなたの携帯電話番号を、国コード(日本は『81』でーす)の前に『+』を付けて、書き出しておいてね。

そして、シェルプロンプトに、下の通り、書いてみてね。

curl -u あなたのAPI SID:あなたのAuth Token \
--data-urlencode 'sender=XoxzoTest(送り主として表示されます)' \
--data-urlencode 'recipient=『+81』を付けたあなたの携帯電話番号' \
--data-urlencode 'message=Hallo hello!(ご希望のメッセージ)' \
https://api.xoxzo.com/sms/messages/

そうしたら、すぐに、答えが下のように返ってくるはず:

[{"msgid":"tHi5i5y0urMsGIdt3xT"}]

これが、送信がうまく行ったという印よ。 バックスラッシュ『\』を使わずに、上記のコマンドをゼンブ、1行に書いてしまっても、オッケー!

ちょっと待っている間に、あなたの携帯に、メッセージが届くはず。キャリアによっては、送信主をあなたの設定通りには表示してくれないから、別の番号に置き換えられて届くことも、あるかもしれないけどね。

SMSの送信は、これで完了!はじめてのSMS送信は、どうだった?送信後に、アカウントのプロフィールページをチェックしてね。送信に使った分、クレジットもちゃんと、減ってるはずよ。

XoxzoのAPIを使ってできる、カッコイイこと ドキュメンテーション を読んで、チェックしてみてね!

ミコちゃんのチュートリアル・シリーズ好評不定期連載中