顧客の通話プライバシーを保護する方法


ビジネスオーナー及びサービスプロバイダーとして、データプライバシー法を遵守しつつ、ビジネス倫理を維持しながら、 顧客のプライバシーを保護するために何をすることができるでしょうか?ベストプラクティスの1つとして、 顧客の電話番号を不必要に漏らさないことです。 従業員や代理店に電話番号を渡すこと自体は、サービス提供プロセスの一部であるため合法ではあるのですが、 複製されたり、販売されたり、または後で誤用されりと、一旦データが手を離れるともう制御はききません。

治療よりも予防が大切です。

protectcallprivacy

お互いの電話番号を知らずに電話をかけて 、話せるようにする :どうすれば、こんなことが可能でしょうか?

解決策はシンプルな会議機能です。 システムから両方のユーザに同時に二人への通話を行い、通話できるようにシステムが通話をブリッジさせることで、簡単に可能になります。

電話会議 API を使うと、既存のロジスティクスやフリート管理システムに組み込み、 この機能を有効にすることができます。 顧客の電話番号は注文番号に関連付けられており、スタッフには明らかにされていないため、 スタッフは注文番号に関連付けられた組み込みのコール機能を使用して顧客に電話をかけることができます。

タクシー – コールセンターがタクシーの配車依頼を受け、乗客にタクシーを迎車させますが、ドライバーと乗客との間の通信は、 乗客の正確な位置を明確にするために、必要な場合があります。

宅配業者 – 宅配便の配送スタッフが住所、再配送の時間を明確にしたり、小包の配達時に支払いの必要な、輸入税の金額を受取人に知らせなくてはならない場合が あります。

出前 – 調理・包装された食品は腐りやすく、また後払いが常である事業のため、間違った注文が入ったり、顧客が配達された食品を受け取らない場合、 食品配送サービスは利益の損失を被ります。配達員が配達する前に、注文の確認のため注文者に電話することがベストプラクティスです。 さらに、配送スタッフは、顧客の正確な位置を明確にする必要があるかもしれません。

ヘッドハンティング – 電話面接は、一時面接、効果的に全体像をみるプロセスとして使用することができます。 これは、採用マネージャーと候補者の両方にとって、時間を節約できます。雇用プロセスが第三者ヘッドハンターによって支援される場合、 採用企業と候補者の連絡先情報はヘッドハンターの手元にあります。ヘッドハンターがクライアントと潜在的な候補者の間で電話面接をセッティングするために、 会議機能が役立ちます。 3人の発信者からという複数の参加者をサポートするため、ヘッドハンターは会議に参加しても良いでしょう良いでしょう。 代わりに、ヘッドハンターは面接者と面接者だけを残し、通話の設定のみ行って、退席もできます。

出会い系サイト – 出席者のプライバシーを保護するために、サービスによってセッティングされた昼食デートやお楽しみデートは、 会議機能を利用して、参加者のプライバシーを保護することが可能です。見知らぬ人と会うことは、不安を呼ぶでしょう。 しかし、会って話す前に、電話で話すことができれば、デートの時には、スムーズに会話を進めることができるようになり、不安も少ないでしょう。 電話会議機能を使用して、2人の参加者の間で、どちらの電話番号も明らかにすることなく、電話で話して昼食を計画できるようにしながら、 予定を設定することが可能です。デートがうまくいかない場合には、電話番号を交換する必要はありません。 また、相手との連絡ができないように相互に保護されています。

アイ・シン・チャン

マーケティング・マネージャー

2018年4月入社。Telco Engineers にて4大陸16カ国にわたり、10以上の取扱説明書を手がけて熟練の技を磨いた。10年以上の携帯電話技術に特化した経験をもつ。情熱を持って創造する。

こちらもオススメ