【Xoxzo】セカンドライフが連絡到着確認強化のためXoxzoのAPIを導入


不用品を顧客の都合に合わせて回収し、100%リユースによるリサイクル活動に加え、途上国の子どもたちへのワクチン費用の寄付を行っているセカンドライフ(本社:大阪府門真市)が、eメールでの連絡未着の問題へのソリューションとして、XoxzoのSMS送信APIを導入しました。

以下、セカンドライフ様のコメントです。

メールアドレスでの連絡が必須なのですが、 どうしても、未着が多く困っていました。

未着とお問合せ頂けるお客様はまだ良いですが、 返信を頂けない、そもそも気がついておられないお客様もおり、 どうするべきか、対応を検討していました。

携帯からのアクセスが、8割弱の昨今、 SMSは、企業側にとっては、とても便利なサービスだと思います。

到着確認が取れる事が、一番の魅力です。

現在は、システムAPIで、申込みいただいたお客様に、 自動送信するシステムを作りこんでおります。

secondlife-logo

企業名:セカンドライフ
所在地:大阪府門真市脇田町12-3
創業: 2010年11月
URL: https://www.ehaiki.jp/second/

横山 愛子

ヘルプデスク兼プロジェクトマネジャー

2014年1月に入社。関西外国語大学卒業後、貿易商社での勤務、オンラインストアの立ち上げ、運営、15年に亘る海外在住経験あり。幅広い視野を持って、お客様とのコミュニケーションに努めたいと思っております。