djangoのmigrationについて(3)


開発の段階では、しばしばDBのスキーマ変更に試行錯誤が発生します。 このため、最終的には余分なmigrationsが出来あがってしまうことがあります。 例えば、自分がある機能セットAの開発を担当する場合を考えてみましょう。 最初の開発段階で以下のようなモデルを書いたとします。

class SampleModel1(models.Model):
    name = models.CharField(max_length=200)
    address = models.CharField(max_length=500, null=True)

この段階でいちどmigrationをつくります。

$ python manage.py makemigrations
Migrations for 'app1':
  app1/migrations/0001_initial.py:
    - Create model SampleModel1

このように 0001_initial.py というmigrationができあがりました。内容はこのようになっています。

class Migration(migrations.Migration):

    initial = True

    dependencies = [
    ]

    operations = [
        migrations.CreateModel(
            name='SampleModel1',
            fields=[
                ('id', models.AutoField(auto_created=True, primary_key=True, serialize=False, verbose_name='ID')),
                ('name', models.CharField(max_length=200)),
                ('address', models.CharField(max_length=500, null=True)),
            ],
        ),
    ]

さて、開発を進めていくに従って、最初は気が付かなかったカラムageが必要であることがわかりました。 そこでageという属性をモデルに追加します。

class SampleModel1(models.Model):
    name = models.CharField(max_length=200)
    address = models.CharField(max_length=500, null=True)
    age = models.IntegerField()

再び、migrationを作成します。

$ python manage.py makemigrations
Migrations for 'app1':
  app1/migrations/0002_samplemodel1_age.py:
    - Add field age to samplemodel1

2番めのmigrationである0002_samplemodel1_ageができあがりました。内容をみてみましょう。

class Migration(migrations.Migration):

    dependencies = [
        ('app1', '0001_initial'),
    ]

    operations = [
        migrations.AddField(
            model_name='samplemodel1',
            name='age',
            field=models.IntegerField(null=True),
        ),
    ]

余談ですが dependencies という属性に注意してください。このmigrationは 0001_initial という migrationに依存していることがわかります。 このようにして、djangoはデータベースのスキーマを変更する場合、migrationを適用する順番を知るわけです。

さて開発が完了し、コードレビューを行う段階になりました。 ここまでくると、いよいよmigrationをリポジトリにコミットする必要があります。 いまmigrationは2つ出来ていますが、これは開発の途中経過を含んでいます。 レビューは最終的な成果物さえ見てもらえばよいので、途中経過のmigrationは整理したほうがスッキリします。 我々の開発チームではプルリクエストを出す前には「migrationのクリーンアップ」と呼ばれる作業をするのが 習慣となっています。

これを行うには、

  1. 自分が開発段階で作成したmigrationを全て削除する
  2. 再度python manage.py makemigrations を実行する

という手順を踏みます。

ですから今回の場合は

rm 0001_initial.py 0002_samplemodel1_age.py

を実行しmakemigrationsを実行します。

$ python manage.py makemigrations
Migrations for 'app1':
  app1/migrations/0001_initial.py:
    - Create model SampleModel1

できあがったmigrationを見てみましょう。

class Migration(migrations.Migration):

    initial = True

    dependencies = [
    ]

    operations = [
        migrations.CreateModel(
            name='SampleModel1',
            fields=[
                ('id', models.AutoField(auto_created=True, primary_key=True, serialize=False, verbose_name='ID')),
                ('name', models.CharField(max_length=200)),
                ('address', models.CharField(max_length=500, null=True)),
                ('age', models.IntegerField(null=True)),
            ],
        ),
    ]

このように、以前は2つに別れていたmigrationが1つにまとまり、最終的なモデルの記述をのみを反映したもの になりました。これだとレビュアーも、途中経過を全て辿らなくてすみ、本質的なレビューに専念できるのではないでしょうか。

makemigratinの動作は、現在出来上がっている全てのmigrationを適用した結果の仮想的モデル構造と、現在の モデル記述(models.py)の間の差分をとり、差分があれば、その部分を反映したmigrationをファイルに書き出すという 動作をおこなうので、このような手順が可能になっています。

野中 哲

エンジニア・エバンジェリスト

2016年3月に入社。NECで衛星通信の制御用ソフト開発、アップルでMacOSのローカリゼーション、AppleShareファイルサーバの開発等に従事。プライベートではRuby,Haskellなどのプログラミングとラグビー観戦を好む。最近の興味はSwiftでiOSアプリを開発すること。FAA自家用パイロットライセンス所有。

こちらもオススメ