電信技術は、19世紀における一連の電気学および電磁気学の科学的発展に続いて登場しました。 電信は、下記のような重要な新技術を経て発明されたのです。

  • 1980年、イタリアのAlessandro Voltaによるボルタ電池の発明

  • 1820年、デンマークのHans Christian Oerstedによる電気と磁力の間の関連の発見

  • 1825年、イギリスのWilliam Sturgeon による電磁石の発明

  • 1831年のイギリスのMichael Faraday、および これとは別の1832年アメリカのJoseph Henryによる電磁誘導の発見

最初の商用電信はWilliam Fothergill Cooke卿 および Charles Wheatstone卿により開発され、1837年の5月にクック・ホイートストン・システム(Cooke and Wheatstone system)として特許が取得されました。これは盤上のいくつもの針を使い、これが動いてアルファベットの文字を指し示すというものでした。このシステムは英国の鉄道のネットワークに導入されました。

telegraph画像クレジット

もう一つの電信は、これとは別に開発されたもので、1837年にSamuel Morse、Leonard Gale そして Alfred Vailによって合衆国で特許が取得されました。この電信が、最終的に世界中で受け入れられ、現在普及している電信システムとなりました。このシステムは、点とダッシュの組み合わせを使ってアルファベットの文字を表すもので、これはモールス信号とされるものです。

telegraph画像クレジット

telegraph画像クレジット

その他にも、この時期にいくつもの電信が発明されましたが、ビジネスとしては成功をしたものはありませんでした。

最初の2つの電信線 が1837年の英国と1844年の合衆国において開通しました。

1858年には初の大陸間の電信 が、英国のヴィクトリア女王から合衆国大統領のJames Buchanan氏に対して送られました。その99文字のメッセージは4,000キロメートルに及ぶ大陸間ケーブルを通じ、16時間かけて転送されたのです。

マレーシアでは

この地域の最初の海底ケーブルは、ケーブル敷設船のCS Hiberniaによりシンガポールとバタヴィア(現在のジャカルタ)間で1870年に開通しました。これは英国とオーストラリアを繋ぐプロジェクトの一部でした。このケーブルが利用可能になると共にモールス信号による電信が採用され、開始されました。

Malaya連邦での最初の内陸の電信線 はPerak州で1874年に設置され、現存はしない Department of Posts and Telegraph によって TaipingとKangsar、TaipingとKamunting および Bukit Gantang、SimpangからPort Weld(現在のKuala Sepetang)、そしてBatu GajahからGopengまでがつながりました。

1878年までには、Taipingの街中ではイギリス統監(British Resident General)のオフィス、治安判事裁判所(Magistrate Court)、警察署、軍隊の兵舎そして病院が電信ネットワークで接続されました。

138年間の操業の後、Telekom Malaysia Berhadは2012年の7月1日をもってTM Telegram Serviceを停止すると発表しました。

telegraph画像クレジット

日本では

日本では、1868年の明治維新の後の1869年に、最初の電信線 が東京と横浜間で開通しました。このプロジェクトには英国の電信技術者およびデンマークのケーブル会社が採用されました。

1872年までには、日本と欧州との直通の電信回線が提供されました。その後の20年間、日本の電信ネットワークは急速に発展しました。1891年までには、日本では400の電信局によって12,000km近くもの電線が接続されていました。

現在、日本の電信サービスは未だに操業しており、今なお グリーティングカードやギフトの配達サービス の一部として民間企業により展開されています。

telegraph画像クレジット

まとめ

電信は、1876年に電話が発明されるまでは唯一の電気通信の手段であり、1900年以降に実用的な長距離電話が開発されるまで迅速な長距離通信手段のための主要なツールであり続けました。

電信サービスは、ある要因により、需要の減少に直面し始めました。

  • 1920年以降:長距離電話料金の値下げとエアメールサービスが登場し、1970年までには陸上の電信の需要はほとんどなくなりました。

  • 1950年以降:1950年代に海をまたいだ安価でより良い迅速なコミュニケーションのメディアとして海中電話ケーブルが設置されたことによって、海底電信は置き換えられていきました。

  • 1980年以降:ファクシミリや電子メール、SMSといったその他の技術が登場し、長距離間コミュニケーション手段として好まれていきました。

  • 科学および技術の観点では、電信は3つの理由で重要です。

  • 電信は電気学の最初の大規模な実用化でした。

  • 19世紀中期の電信の電気技術者は電気エンジニアリングの分野の確立に貢献しました。

  • 海底電信の技術的な問題によって物理学、海洋学、船舶工学そして電気工学が大きく発展しました。

アイ・シン・チャン

マーケティング

2018年4月入社。Telco Engineers にて4大陸16カ国にわたり、10以上の取扱説明書を手がけて熟練の技を磨いた。10年以上の携帯電話技術に特化した経験をもつ。情熱を持って創造する。