日本で毎年一回開催されるPythonの総合的な会議(というかお祭り?)であるPyCon JP 2018 が、9/15-18までの4日間開催されました。

XOXZOはスポンサーとして参加し、ブースも出展します。 このため、カンファレンスのセッションには、あまり出席できないと思い、 初めてスプリントに挑戦してみました。

会場は株式会社HDEさんのオフィスでした。素敵です!こんな所で働けるHDEさんの社員は幸せです。😂 スプリントは、各スプリントリーダーが取り組むテーマの説明から始まります。

会場風景

私は、株の売買アルゴリズムを開発して、更にそれを販売もできてしまうというQuantX Factory のグループに入りました。最初にリーダの方から、概要の説明とチュートリアルの場所を教えてもらい、後はひたすら 株売買アルゴリズムをPythonでコーディングします。いままでぼんやりとしか理解できていなかった、移動平均線など について理解が深まりました。 出来上がったアルゴリズムは簡単に走らせることができ、売買のシミュレーション結果を綺麗なグラフにして見せてくれるのが 面白いです。

Quantx

最後に各グループからの発表があって終了。そして懇親会へと続きます。 食事のセレクションも最高で、なんとPython(蛇)の形のパンが添えられていました。

Pythonのパン

HDEの社長の小椋さんの、和装にまつわる面白いエピソードも楽しく聞かせて頂きました。また来年!

野中 哲

エンジニア、開発担当

2016年3月に入社。NECで衛星通信の制御用ソフト開発、アップルでMacOSのローカリゼーション、AppleShareファイルサーバの開発等に従事。プライベートではRuby,Haskellなどのプログラミングとラグビー観戦を好む。最近の興味はSwiftでiOSアプリを開発すること。FAA自家用パイロットライセンス所有。