PyCon フィリピン 2018 への旅


2018年2月24日と25日、PyCon フィリピン が、マニラ近郊のマカティにて 開催されました。Xoxzoのエンジニアチームも半数が、世界各地からこのイベントの開催に足を運びました。 チームXoxzoは、このカンファレンスの会場視察準備を兼ねて、前日には全員、マニラ入りしました。

PyCon PH 2018 XOXZO Main Theme

最初の基調演説は、エリカ・フィル・レガーラ博士で、彼女のような科学者たちにとって、Pythonが どれほど複雑な計算をし、結果を得るスピードを上げるのに役立っているのかについて、話しました。

PyCon PH 2018 XOXZO Keynote1

グループランチでは、様々な話題で議論をして、交流を深めました。

PyCon PH 2108 XOXZO Group Lunch

次の演説は、アル・スウィーガートさんで、カンファレンスでの人々のふれあいの重要性について、 語りました。 ゲームというものはどのように年月の中で発達してきたか、を、 ATARIのゲーム、『アドベンチャー』が、デザイナーによりデザインされた任天堂のマリオゲーム に比べて、デザインにおいて劣っていた例を挙げて説明し、違った役割や経歴の人々の間における 交流の重要性を指摘しました。

PyCon PH 2018 XOXZO Keynote2

2日目は、総勢18名による、ライトニング・トークが行われました。 私も、トップバッターで、シンプルなチャットボットの作り方というLTセッションを行いました。

PyCon PH 2018 XOXZO Lightning1

基調演説の最後を飾ったのは、ヤングン・キムさんでした。 APAC Python コミュニティと、これまでの多年に渡る生い立ちが、語られました。

PyCon PH 2018 XOXZO Keynote3

APACコミュニティ中の、PyCon組織委員間での話し合いの場をもち、カンファレンスは幕を閉じました。

PyCon PH 2018 XOXZO Discussion

翌日、マニラ南部のタガイタイ へ チームXoxzoの遠足に行きました。

PyCon APAC 2017 XOXZO Main Theme

PyConフィリピンでの経験は、全てがとても良いものとなりました。 コミュニティの人々と会って意見交換できるのは、いつでも嬉しいことですし、 皆が直面する問題を解決する、良いモチベーションともなります。

ショウリヤディープ・チャウドハリ

エンジニア、開発担当

2017年7月入社。西ベンガル工業大学卒、コンピュータ・サイエンス・エンジニアリング専攻。これまで、様々な分野の開発に取り組んできた。プログラミング言語として、パイソンの持つ美学を愛す。大の旅行好きで、暇さえあれば旅に出ている。