7/29に株式会社VOYAGE GROUP様で開催されたTokyuRuby会議11 に参加して、ライトニングトークをしてきました。 この会議は、みんなで食べ物を持ち寄り、ビールを飲みながら(スポンサーはサントリー様)LT大会をするという大変ユニークな会です。 会議の最後には、一番美味しかった食べものを持ってきた人が「飯王」に選ばれ、その功績をみんなで讃えます。

わたしのライトニングトークでは、Slack BotからXOXZOのAPIを呼び出して、電話をかけるアプリを紹介しました。 実装はもちろんRubyです。 デモビデオはこちら。

会場風景 会場風景 会場風景

野中 哲

エンジニア、開発担当

2016年3月に入社。NECで衛星通信の制御用ソフト開発、アップルでMacOSのローカリゼーション、AppleShareファイルサーバの開発等に従事。プライベートではRuby,Haskellなどのプログラミングとラグビー観戦を好む。最近の興味はSwiftでiOSアプリを開発すること。FAA自家用パイロットライセンス所有。