Xoxzoの2019年度オープンソース助成金


オープンソース助成金

今年も、春はやってきたと思ったら駆け抜けていき、2019年度の助成金受賞者の発表の時がやってきました。

Xoxzoの 年次オープンソース助成金 って何? とおっしゃる方は、 昨年の助成金開始のブログをぜひご一読ください。

2019年度の 助成金付与者

2019年度は、Xoxzoのエンジニアチームが選ぶこのオープンソースプロジェクト助成金に 2,000米ドルを予算計上しました。結果、総額1,980ドルを付与することができました。

Fabric

Fabric へは、管理を行っている Jeff Forcierの、寄付金ページより、 350米ドルを寄付しました。

Fabric は、ハイレベル Python (2.7, 3.4+) ライブラリで、 SSHからリモートでシェルコマンドを実行できるように設計されています。 Xoxzoでは、スクリプトのデプロイ時に、Fabricを広く利用しています。

Fabric donation

Sphinx

現在、Sphinxのメイン管理者である tk0miya さんへ、日本円で30,000円を寄付しました。

Sphinx は気の利いた美しいドキュメンテーションんを簡単に作成できるツールです。 もともとは、Python community から始まっており、今では様々な他プロジェクトへと用途が広がっています。 XoxzoのAPIドキュメンテーション の生成に使われており、その能力は実証済みです。

Sphinx donation

httpie

このプロジェクトを運営している Jakub Roztočilさんへ、 350米ドルを寄付しました。

HTTPie は、たやすくデバッグしたりHTTPサーバーやRESful APIs、ウェブサービスへのインタラクトが行えるよう、 ひとつの http command で構成されています。 Xoxzoのエンジニアが、APIのエンドポイントのテストをしたり、HTTP接続関連のトラブルシューティングに 広く活用しています。

httpie donation

Pelican

プロジェクトを管理している、Justin Mayer さんを通じて、250米ドルを Pelican Dev Team へ寄付しました。

Xoxzoでは、本ブログにて Pelicanを使っています。 というのも、データベース不要でメンテナンス労力を減らす、サーバーのサイドロジックが 使いやすいからです。

Pelican donation

Django Software Foundation (DSF)

おしまいに、Django Software Foundationへ  750米ドルの寄付を行いました。

Django は、ハイレベルな Python ウェブフレームワークで、素早い開発と、整ったプログラム的デザインを 促進します。 Xoxzoでは、設立当初から Django を使い続けて10年以上を数えます。進化を続け、どんなウェブ開発プロジェクトにも 強固な基盤を築いてくれる、実用的なフレームワークであることを実証しています。

DSF donation DSF donation

その他、助成を行いたかったにもかかわらず、出来なかったもの

Xoxzoチームが助成先候補にしていたプロジェクトがあと数箇所あるのですが、 残念ながら、ウェブサイト上に寄付の受付窓口が明白に示されていなかったり、 管理者へ連絡するも、お返事をいただけなかったものがありました。

その中には、こういったものがありました。

  • django-queue
  • SwitchIO
  • django-nose
  • nose
  • mysqlclient
  • baker

ではまた来年。

P.S: Beth Kanter のオープンソースサムネイルに感謝。

イクバル・アバドゥラ

代表者取締役

1997年に来日。佐賀大学の理工学部を卒業しヤフー株式会社、アマゾン株式会社を経て2007年に株式会社Xoxzoの前身である株式会社MARIMOREを設立。 PyCon JPにもボランティアとして活動しています。

こちらもオススメ