Xoxzoの働き方と環境をご紹介


2018年7月、チームキャンプがありました。 今回は、クアラルンプールです。Xoxzoは、100%リモートワークの会社なので、 同僚と一緒の場所で顔を合わせて仕事ができる時間は、いつも面白くて盛り上がります。

KL team camp 2018

Xoxzoでは、自分のローカル環境へソースコードをダウンロードしない、というポリシーがあります。 このポリシーに従えば、どのように働くか、という決まりはまったくなく、自由に仕事をしていいのです。

みな、働き方が違います。私達の中でも、テキストエディタで仕事をするのを好む人、 もう、ターミナルでは生きていけなくなった、という人もいます。

チームキャンプ中のあるセッションで、働き方の共有をしました。 仕事場はどんな風か、生産性向上のために、ツールの設定をどうしているのか、などです。

例えば、私は、自分の vim 上で、PEP8 コンプライアンス用のコードを どのように vim-flake8 を使って 自動的にチェックしているかを共有しました。Pythonのファイルを保存するたびに、flake8 が自動的に下記の事柄をチェックするのです。

  • importしているのに使っていないモジュール
  • 未使用の変数
  • シンタックス・エラー
  • 空白の使い方
  • 改行の使い方

例を挙げると、私がこんなPython ソースコードを書きます。

1 #!/usr/bin/python
2
3 from datetime import datetime
4
5 import django
6
7
8 now = datetime.now()
9 yesterday = timedelta(days=1)
10
11

そして、 :wq とタイプします。(保存して vim を終了する) すると vim は、警告を出します。

1 example.py|5 col 1| F401 'django' imported but unused
2 example.py|9 col 13| F821 undefined name 'timedelta'
3 example.py|11 col 1| W391 blank line at end of file

一行一行、目を凝らし、手動で上記のエラーのチェックをする必要がない分、 これは全くの生産性向上だと思っています。

そうしたら、友人たちは、Microsoft Visual Studio のコードを使ってできることを、 例えば、差分の比較だとか、commit する方法とか、シンタックスエラーをチェックすること なんかを、たくさん教えてくれました。 最近では、GNU/Linux を含む、Windowsでない環境下でも、 VS コードが使えるんです。

シェルに関しては、チームの一人が、zsh を見せてくれました。 私は、従来の bash shell から zsh へ変えようか、と興味を持っていたところでした。 zsh には、oh-my-zshと呼ばれる、人気のフレームワークがあるんです。

プラグインのコレクションも、たくさんあります。 気づいたのは、zsh では、ブランチ名を全部タイプしなくても、ブランチをチェックアウトできる ということでした。 キーワードをタイプするだけで、zsh が探してきてくれるんです。 例えば、

$ git checkout -b PROJECT-123-update-readme
$ git checkout master

# Just type the keyword of the branch name and press tab
$ git checkout 123
# zsh will find it for you

$ git checkout PROJECT-123-update-readme

フロントエンドの仕事ぶりを見る機会もありました。 私が日々やっている仕事とは、全く違いました。アイコン、ワイヤーフレームを作成して、それをコードを使って 実行するツールなど、バックエンドエンジニアとして、私が見たことも触ったこともないところを、 見せてくれました。

これまで、私はかなり長い間、テキストエディタと、bash を使ってきました。 そこで今、考えています。IDEテキストエディタと zsh を使ってみようかな、と。

いつだって、新しいことにチャレンジする余地はあるものです、よね?

ザキ・アクマド

エンジニア、開発担当

2014年10月に入社。セキュリティについては、長い道のりを歩んできたので、以前は作ることよりも壊すことが得意のザキでしたが、現在は、セキュアなアプリケーションを作る理論を実践中。

こちらもオススメ