音声案内を発信しましょう!


こんにちワ〜! もう、 SMSの送信 、もできちゃったし そのステータス確認 もできちゃった、というあなたは、今度はXoxzoの 音声API の冒険にでかける時ですよぉ〜!

今回は、シンプルな音声通話:録音済み音声ファイルの再生の使い方から初めちゃうね。このAPIを使うと、こちらから電話をかけて、相手が出たら準備しておいたmp3ファイルを再生することができるのよ。まずは、自分の電話にかけて、テストしてみてね!

必要なものは?

始める前に、mp3 音声ファイルを準備して、オンラインに保存してください。リンクを使うので、メモしておいてね!このリンク、APIが使うから、誰でもアクセス出来るようにしておいてね。あと、このURLに、通常の半角アルファベットや- _ $ . * ' ( ) ! ? 等の、使用に支障のない文字種のみが使われていることも、ちゃんと確認するのを、忘れないようにね。

あと、通話のできる電話番号を、E.164フォーマットで、準備してねっ! このフォーマットは、つまり、先頭に + のついた、国番号 付きの電話番号ってことです!

電話をかけてみましょう!

音声ファイル再生APIを使うときの、URLは https://api.xoxzo.com/voice/simple/playbacks/です。だから、CURLを使うと、音声通話を使う基本のコマンドは、こんな感じです。

curl -u th3ApISiDt3xtTh4tyoUcoPied:Th3aUthT0k3nth4tY0uCopi3D \
--data-urlencode 'caller=thecallerphonenumber' \
--data-urlencode 'recipient=yourphonenumber' \
--data-urlencode 'recording_url=theURLofyourmp3file' \
https://api.xoxzo.com/voice/simple/playbacks/

レスポンスは、callid が返ってきまぁす。

[{"callid":"YoUr-5ucc355fuL-c4lL-Uu1D"}]

使い方は、これだけです! でも、このAPIを使ってできることは、たっくさんあります。お客様へのご挨拶コール、プロモーションのご案内にはもちろん、ミーティングのリマインダーにも応用できちゃうんです。使うあなたの想像力次第で、可能性は無限ですね!

Xoxzoの ドキュメンテーション で、XoxzoのAPIでできる、すごいこと、もっともっと、チェックしてみてくださいね!

ミコちゃんのチュートリアル・シリーズ好評不定期連載中

こちらもオススメ